アレルギー性鼻炎(花粉症)でお困りの方へ

舌下免疫療法とは

花粉症舌下免疫療法は、アレルギー症状を根本的に治せる可能性を持った治療法として注目を集めています。スギやダニなどのアレルゲンを少量ずつ投与することで身体を慣らしていき、症状を和らげます。舌下免疫療法は、平成26年にスギの舌下免疫療法薬「シダトレン」が登場しました。次いで平成27年12月にはダニに対する薬も発売されています。
これまでもアレルゲン免疫療法はありましたが、皮下に注射するものであったため、頻繁な通院が不可欠であり、痛みや副作用の多さといった問題がありました。この舌下免疫療法は、ご自宅で舌の下に治療薬を投与するだけですので、痛みもなく利便性にも優れています。ただし、服用方法や量、副作用に対する知識や対応など、患者さんがしっかりご理解いただいた上での治療となります。

舌下免疫療法の特徴

    1. スギやダニが引き起こすアレルギー症状を完治できる可能性があります。
      また、完治までいかない場合にも、症状を和らげて薬の使用量などを減らすことが期待できます。
    2. 投与により、局所や全身のアレルギー反応が起こる可能性があります。
      まれですが、重篤な症状を引き起こす場合があり、十分な注意が必要です。
    3. 長期間の投与が不可欠です。
      治療には最低でも3年間かかります。少量ずつ投与して徐々に慣らしていくため、長期間投与により効果が期待できます。

舌下免疫療法の効果

期待できる効果

  • くしゃみ、鼻水、鼻づまりの改善
  • 涙目、目のかゆみの改善
  • アレルギー治療薬の減薬

副作用

  • 口内の症状 かゆみ、不快感、腫れ、口内炎
  • その他の症状  刺激、かゆみ 耳や体のかゆみ、頭痛

ごくまれに、重篤な副作用にアナフィラキシーがあります。
アナフィラキシーは、アレルゲンに対する急性の過剰反応です。医薬品から起こるアナフィラキシーの場合、投与後30分以内に蕁麻疹、腹痛や嘔吐、息苦しさ、血圧低下などのショック症状が起こります。

舌下免疫療法の適応

舌下免疫療法を受けられる方

  • 血液検査でスギまたはダニアレルギーと診断された
  • 医師の指示に従い継続的な通院が可能
  • 毎日きちんと服用できる

スギ花粉の免疫療法でも、花粉飛散期間だけでなく通年で毎日の投与が必要です。

舌下免疫療法を受けられない方

  • 血液検査でスギまたはダニのアレルギーが陰性
  • 重篤な気管支喘息がある
  • 過去にアレルゲン免疫療法で重篤な副作用を起こした経験がある

治療の流れ

Step1初診

採血を行ってスギ花粉、ダニのアレルギーの検査をします。
舌下免疫療法についてくわしくご説明し、初回投与日をご予約いただきます。

Step2初回投与日

ご来院されたら体調などを確認します。
投与が可能と判断されたら、薬を処方します。
初回投与は院内で行っていただき、投与30分後に副作用の有無を確認)します。
そのため、初回投与の受診では60~90分程度の時間がかかります。

Step3再診

様子をみながら薬の増量を行っていくため、初回投与日から1週間後、2週間後に再診します。
診察の結果、特に問題がなければ、その後は2週間~1ヶ月毎に受診が必要です。